ボディメイク計画?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは。CSOの中江です。

 

弊社、痛みの見える化を目指しています。

痛みとボディメイクはどうつながるの??
そう思われるかもしれませんね。

 

私がたくさん診療してきた慢性の痛みの患者さん、痛いから動かない。

動かないことがなぜいけないかというと、
人間は動物、つまりうごくもの。
脳の活動領域も運動をつかさどる部分は非常に広い。

マルっとわかりやすく言えば、脳の広い領域が動かないことによって活性化されない
脳は異なる領域同士それぞれ相互作用があるから、
広い領域が動かない状況が続くと、脳全体の機能に影響が出てくる

 

 

楽しく動けないか?

究極の目標はそこなのだけど、
人はどんな動機で動くんだろうという疑問に対してのアプローチ候補の1つがボディメイク

 

若い学生に「健康にいいから運動しようよ!」なんて響かない。
「美尻になるよ。」とか「O脚直るよ。」ならやってみたいという人が出てくるのでは?
と思ってトライアル。

 

ボクシングの先生がボディメイク理論をよくご存じということで、体験しました。


先ずテスト。
どんな癖を持っているかが、比較的簡単なテストでわかる。


弱いと思われるお尻のトレーニング。動かす方向を直して頂いて、、、

 


重力のない状況でのトレーニングの後は重力のある状況下で使えることを確認する。
このトレーニング、地味に見えてかなりきつい。

つま先立ちをまじめにやるだけで、私はふくらはぎに大変な筋肉痛を発症しました。
治癒に至るまで4日間。

その体験で得た気付きはまた今度のブログで。

 

 

関連記事

  1. 太陽礼拝
  2. Challenge!!
  3. 人生はエンターテイメント?
  4. 好き嫌い🍴
  5. 心を折らずに頑張れた先にある未来
  6. 執着の手放し方
  7. 病気って何だろう?
  8. Time is money & Keep a distance

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP