巧言令色鮮し仁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは。CSOの中江です。

 

故事ことわざ辞典によると
~~
巧言令色鮮し仁  とは、言葉巧みで、人から好かれようと愛想を振りまく者には、誠実な人間が少なく、
人として最も大事な徳である仁の心が欠けているものだということ。
~~
と記載されている。

 

 


(ビルの谷間から素敵な青空。スペインの街並み)

 

私たち世代より少なくとも前の世代は、
人間は中身で勝負すべき!見かけで判断してはいけないと戒められて育ったもの。

中学時代、くせ毛の私はパーマ疑惑をかけられ、
でも2年上に品行方正な姉がいたから事なきを得たというエピソードがあります。

それくらい見た目に関心を持つことは悪とされてきました。

 

 

しかし・・・
時代は変わりましたね。

ネット社会で経済が異なる回り方をするようになりました。

YouTuberが小学生のあこがれの職業になるなんて。
私たちが小学生だった頃の大人たちは誰が想像したかしら?

 

ネット社会になって誰にでもチャンスが得られるようになりました。
そこで大切なのは、見つけてもらえること

無口で愛想がなければどれだけ仁の心を持っていても誰も見つけてくれないからチャンスは巡ってこない。

 

一人一人が自分を商品としてどう売っていくかが大事な時代になりました。
それぞれが売りになる良さを増やしていけるような、そんな環境づくりが大切。

 

ちょっとした隙間からでも、光るものを見つけてもらえれば、次につながる。

そう信じて、今日も仲間と前進です。

 

 

 

関連記事

  1. 3段タワー🗼 ~撮影編~
  2. 写真撮影📷オフショット(その3)
  3. 嘘つきは時間泥棒
  4. うちの子が悪い!
  5. ボクシング体験🥊
  6. Challenge!!
  7. かがみよ、かがみ・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

2021年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP