笑顔の作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

笑う門には福来る

そんな諺もありますね。
笑顔でいることが幸運を呼び込む。

楽しいから笑うのではない。笑うから楽しいのだ。

 

 

こんにちは、CSOの中江です。

私は若く見られて損をしてきました。

医師は、卒業年次で人間関係が決まるところがあるのですが、
自分は何年卒!なんて自ら言うこともないから、思うように事を運べない時もあったりで。

年配の男性の患者さんの中には
女性医師というだけで信頼できないという人もいらっしゃったし。

私は優しすぎるので、舐められて言うことを聞いてもらえなくて、
ヒヤッとすることも経験しました。

だから難しい顔をしているほうが仕事はしやすい、そう思っていた。

今思えばおバカさんだったなあ・・と思う。

 

顔と気分は連動するから、
本来ならゴキゲンに暮らせた場面でもきっと損をしていたはず。

 

 

会社にかかわらせていただくようになって、自分の腕自慢だけでは解決できない状況になりました。

最後は自分でやればいい!という得意の理論が通用しない。
どれだけの方々に応援していただけるかで決まる。

それならどうすればいい?

 

応援したくなる存在になること。

それには笑顔かな?って。

 

 

私はえくぼのできる顔だから、ほっとけば、笑っていると思われる。

でもね、ある日、プレジデントという雑誌を読んでいた時に
「目が笑っていない人は信用されないからトップとしてはふさわしくない。」
と書かれている記事を読んだの。

 

自分の顔を見てみると、
笑っても、眼輪筋(目の周りにある筋肉)が動いていない。
つまり、目が笑っていない。

それに気が付いて、顔の筋トレを始めました。

 

自分でやっても動かないの。いくらやってもね。
そこで、どうしたか。
笑顔の素敵な人と楽しいおしゃべりをすることにした。
そして、完全に同じタイミングで同じように笑うように笑顔を模倣することにしたの。

エクササイズも、上手なお見本に合わせれば体が合ってくるように。
(まだボクシングの先生のステップは素早すぎてついて行けないのだけど・・
いつかは合わせられるように頑張るから待ってて!先生!(^^)!)

 

楽しいお話をして、そこで表情を崩して笑う。
それを繰り返しているうちに、私の目じりにもカラスの足跡ができた。
筋トレの成果!

 

私は機嫌のいい人だから、ニコニコしているのが自然、楽だった。
でも締めるところは締めないとね。

 

そう、笑顔の作り方の正解は筋トレ!

 

というわけで、うちのスタッフの筋トレの成果?
いいお顔でしょ?

 

 

最近、お世話になった特許事務所の所長さんが同じようなことを仰った。
先生の場合は口角をあげて頬粘膜を見せて笑うんですって。

今度はそれをマスターしようかしら?

大きな事務所を運営される凄腕の先生。
経営手腕も真似をして頑張って行こうと思っています。

 

 

 

 

関連記事

  1. 人の行動は何で決まる?
  2. コロナ下だからこその痛み研究
  3. あなたのために・・・
  4. 四十にして惑わず
  5. 👕 PaMeLa Tシャツ 👕
  6. 加圧実験、はじめました。
  7. Challenge!!
  8. 経営者のスタイル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP